結婚の焦り

ところが、現実はけっしてそうではないのです。どうしてでしょうか。過去の愛情経験をもつ男性がひとりで数人の女性と恋をするということ、同時にまたひとりの女性が何度も恋をすると
いうこと‐lこういう事情が、若い女性の人口数と若い女性の恋愛数とを同一のものにさせないのだと思います。
このことをやかましく考えてゆきますと、たいへんむずかしい問題にぶつかるワヶですがlこのことからいまのぱあい、さしあたってひとつの結論をだしておきたいのです。
つまり結婚の相手の男性に過去があるとしたぱあい、その過去の恋愛体験は、何回くらいあったかという問題です。
五度も六度も過去の恋愛を経験した男性lこういう男性は、やっぱり慎重に考えたほうがいいようです。一度か、せいぜい二度でしたら、やむを得ないことです。
けれども多すぎるのはどうかと思うのです。結婚に悪いイメージを持っていても、一歩踏み出してください!

「独身は不幸ではない」という女性について「…女が独身でもいちがいに不幸とはいい切れません。配偶者をえて、子を育てたいのは本能ですが、人間の欲望はそれだけではない。仕事に興味をもって打ちこめば、夫や子供がなくても、生きがいを感じられるし、時には家庭がじゃまにさえなるのです。少くとも結婚できない不幸はうすれるはずです。私は間もなく三十娘といわれる年齢に近づきます。でも私は結婚を唯一の目的として育てられなかったため、少しもあせりを感じていません.…..」
(目黒区、無職、青木よし子)

出典:出会い系 サクラいない

039